Txaber Allué Martí(日本語版)

トルティージャ – スペインオムレツの作り方を友だちに教えたいけど、ひっくり返す時にお皿をフタにして、フライパンごと返して、またフライパンに流し込んで…と、言葉だけでは伝えるのが難しいと思ったとき、ネットで動画検索して偶然出会ったのが el cocinero FIEL 。まずはそのきれいなスペイン語に耳が喜び、さらに料理の手際の良さが目にも心地よく、すっかりファンに。
La Tabernista イチオシのサイト el cocinero FIEL を運営し、動画内でも料理の腕前を披露する Txaber Allué Martí さんご本人にいくつかの質問に答えていただいた。

氏名: Txaber Allué Martí
出身地: カタルーニャ(スペイン)
居住地: タラゴナ(スペイン・カタルーニャ)
住んだことのある場所: スペイン各地、アイルランド、アメリカ
職業: 大学講師、経営コンサルタント、ブロガー

Q1. 料理を始めたきっかけは?子供の頃から?お母さんやおばあちゃんが料理上手だったのでは?

運よく(?)母親は料理嫌いで、早い時期から僕たち子供が台所に入って夕食の準備をしてもよかたんだ。僕は10歳から自分で夕食を作っているよ。

Q2. 動画ブログのアイデアはどこから?

2006年、修士課程で多くの時間を費やした後、その時間をブログにあてようと決めたんだ。僕の叔父もブログ(DESDE MI COCINA)をやっていたんだけど、Robert Rodríguez の動画(TEN MINUTE COOKING SCHOOL)を送ってくれて、これが気に入ったので同じようなものを作ろうと。

Q3. 想い出の一品は?

スパゲティはずっと好きで、家では日曜に家族で食べるひと皿だったんだ。父が台所に立って大量のスパゲティを準備していたな。とても小さかった頃、僕はタマネギが嫌いで、父はタマネギを別にしてくれていた。今でも覚えているのは、タマネギを好きになり始めた時、それを言わなかったこと。何年もタマネギ嫌いを公言していたから、認めるのはプライドが許さなかったんだね。

Q4. 最後の晩餐には何を食べたい?

最後の晩餐…のどに詰まらせてしまいそうだな。ひとりじゃなく、みんなで、ゆったりとした食事がいいな。炭火で炊くお米料理かな。早い時間に料理にとりかかる。ビール片手に火をおこし、ブイヨンを準備して…。

Q5. 日本のみんなにオススメのスペイン”食”を!

ムズカシイ!たくさんありすぎて…。絶対にハズせないのは Patatas Bravas – パタタス・ブラバス(フライドポテトのアリオリソースがけ)。それからおいしいお米料理も。パエジャじゃなくてもいいんだよ。最後に Ensaladilla Rusa – エンサラディージャ・ルサ(ポテトサラダ)。

el cocinero FIEL おすすめの Patatas Bravas、Ensaladilla Rusa をスペインで食べるなら…コチラをチェック!

> ir 進む – chefs シェフたち

 

メッセージお待ちしています! - ¡Espero tu mensaje!

お名前 (必須) - tu nombre (requerido)

メールアドレス (必須) - tu email (requerido)

タイトル - asunto

メッセージ本文 - tu mensaje

この文字列を入力してください - escribe este código, por favor.

captcha

Txaber Allué Martí(日本語版)」への1件のフィードバック